札幌市中央区の託児所ならなかよし保育園

お問い合わせはこちら

健康管理について

【園で行う健康診断、歯科検診について】

項目回数
内科検診年2回(夏/冬)
歯科検診年1回(春)
身体測定毎月1回

【発熱した場合の処置について】

37.5℃以上の発熱、または健康状態に異常が見られた場合には早めのお迎えをお願いしておりますので、ご協力願います。

【緊急時の対応について】

けが等で早急に医師の処置が必要と判断される場合には保護者への連絡の上、保育園で医療機関を受診します。
保護者に連絡が取れない場合には、お子様の身体を優先させ当保育園が責任をもって対処いたしますので、予めご了承願います。

【与薬について】

与薬は「医療行為」です。保育園での与薬は原則として行いません。
医療機関で受診する際には保育園に通っていることを医師にお伝え頂き、ご家庭で服薬できるようにご相談願います。

医師により集団保育可能で尚且つ、保育時間中の与薬が必要と判断された場合のみ「投薬指示表」のご提示の上、当保育園にて与薬を行います。またお薬の説明書も併せてご提示願います。

【感染症について】

  • ●下記の伝染病、感染症を患った場合には医師の許可と「登園許可証明書」がなければ登園出来ません。

麻疹(はしか) / インフルエンザ風疹(三日はしか) / 水ぼうそう / 流行性耳下腺炎(おたふくかぜ) / 結核咽頭結膜炎(アデノウイルス感染症) / 流行性角結膜炎(はやり目) / 百日咳 / 髄膜炎菌性髄膜炎 / 陽管出血性大腸菌感染症(0125・026・0111) / 溶連菌感染症 / 伝染症性膿痂疹

  • ●下記の感染症を患った場合には「登園許可書」は不要ですが、必ず受診し保護者記入の「登園届」の提出をお願い致します。

突発性発疹 / 伝染症紅斑(りんご病) / 手足口病 / ヘルパンギーナ / RS ウイルス感染症 / ウイルス性胃腸炎(ノロ・ロタ・アデノウイルス等) / 帯状発疹 / マイコプラズマ肺炎